福岡のインバウンド求人

MENU

福岡のインバウンド求人転職!博多港と福岡空港の外国人の入国増加記事一覧

博多港へ巨大クルーズ船が寄港しています。これに関連したインバウンド求人も多くあります。多いときは3000人以上の乗客を乗せてやってきます。少ないときでも1000人以上の乗客。そんなクルーズ船が1年間で100隻以上福岡へ寄港します。爆買いと呼ばれる大量購入もよくある光景です。博多港へ来るクルーズ船の福岡での行動はどうやって決まるのでしょうか。それは船内からはじまります。大型バスといえども1台に乗れる...

クルーズ船で来る中国人はなぜ福岡で爆買いするのか。港から買物スポットまで近い場所にあり、福岡は立地がいいのがひとつの理由です。ここにインバウンド求人が数多くあります。博多港にはクルーズ船が年間100隻以上やってきます(2014年実績)。1回あたり3000人以上の乗客が乗っていることもよくあります。このクルーズ船に乗っている中国人観光客はツアーバスに乗って移動します。ツアーバスに乗るまでの行程はこち...

インバウンドマーケティングに関心がある人は3000人以上の乗客を乗せたクルーズ船が日本へ寄港して経済効果をもたらしている話を聞いたことがあると思います。もちろん詳しい人もいると思いますが、詳しく知らない人のためにクルーズ船をチェックしていきましょう。クルーズ船にはいろんな種類があります。飛鳥などの日本のクルーズ船もあります。中国人観光客を乗せたクルーズ船は外国船籍です。主にコスタ社やロイヤルカリビ...

福岡市の海の玄関口の博多港には数千人を乗せた大型クルーズ船が中国人観光客を乗せてやってきます。その乗客の数は1回当たり3000人以上のことも日常茶飯事。この中国人観光客の爆買いの模様がテレビニュースで取り上げられました。爆買いという言葉を知っていても実際の買物風景を見たことがない人も多いはず。このクルーズ船の消費動向をチェックすれば求人も転職も見えてきます。

博多港と博多駅を結ぶ大博通りにロープウェイ構想が浮上しています。西日本新聞のインターネット記事にも詳細があります。博多港になぜロープウェイをつくるのか?いろんな理由があると思います。博多港には国際会議ができる施設が、福岡サンパレス、福岡国際会議場、マリンメッセ福岡、福岡国際センターがあります。博多駅からロープウェイがつながると便利です。しかしこれらの国際会議場は以前からありました。今になってロープ...